2017年7月20日木曜日

AWS ソリューションアーキテクト アソシエイト

東京に行く用事があったので、ついでにAWSの試験を受けてきました。
田舎の方では実施してないのが不便なところです。

次のスコアで、なんとか合格できました。
正答率:76%
1.高可用性、コスト効率、耐障害性、スケーラブルなシステム設計 72%
2.実装/デプロイ 66%
3.データセキュリティ 90%
4.トラブルシューティング 80%


勉強は4月ぐらいから3ヶ月かけてゆっくりやりました。
主に、活用資料集を流し読みしながら(あればオンデマンドセミナーも)、
メモにまとめる形で進めました。スライドよりもテキストの方が見直すときに便利なので。

デプロイ部分の点数が低い通り、あまりAWS自体には触っていません。
EC2 や VPC、S3、IAM くらいは触りましたが、あとはそれほど・・

実務では開発がほとんどで、
インフラ周りはあまり詳しくないので、その辺りの勉強が大変でした。
活用資料集でわからない単語があれば、できるだけ調べるようにしました。


資格試験自体、「ソフトウェア開発技術者(今の応用情報技術者)」を
6〜7年前に受験して以来だったので、なんとなく緊張しました。

試験問題はあまり考えすぎず、
自信のない問題は「これっぽいな・・」ぐらいの意識で進めた方がよさそうです。
それで20分ほど余ったので、そこからひたすら見直しました。

「Pass」と出たときは本当に安心しました。
過去にベンダー試験(LPIC)を1度だけ受けたことがありますが、
「not pass」が出たときは唖然としました。。ほぼトラウマです。


これから仕事でAWSを使っていくこともそうですが、
個人開発でも使いたいので、ある程度頑張って勉強しました。(会社から受験料出るし)

早く、名刺にAWSロゴを入れて、ドヤァ!!したいです。 

0 件のコメント:

コメントを投稿

寂しいと思えるチーム作り

12月末で一つのプロジェクトが終わりました。 最後のデイリースクラムの時に、一年目のメンバーが「寂しいですね」と言ってくれました。何気ない一言でしたが、チームをまとめている私としてはとても嬉しい言葉でした。お世辞だったかもしれませんが、それでもうれしかったです。 自分としてはちゃ...